2007年01月28日

あなたの包茎はどんなタイプ?

■仮性包茎(できるだけ早めに手術を)
もっとも多い包茎のタイプで、平常時は包皮が亀頭を覆っています。手でむくと亀頭を簡単に露出させることができます。勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まであります。

■カントン包茎(絶対早めの手術を)
平常時には亀頭をどうにか露出させることはできます。しかし包皮の出口が狭いため、無理にむいたりすると、包皮口が亀頭の根元を締めつけ元に戻すことができなくなります。その結果、大きく腫れてしまうこともあります。

■真性包茎(絶対すぐに手術を)
包皮口が非常に狭く、平常時でも手でむくことができません。亀頭が常に覆われているため、亀頭の成長を阻害し、いわゆる先細りのペニスになってしまいます。正常なセックスは不可能で、絶対に早期の手術が必要です。

■正常なペニス
平常時に包皮が亀頭の傘の下までむけていて、亀頭が常に露出しています。ただし、勃起時に包皮の長さがピッタリのものから、ややあまり気味のものまで、さまざまです。余り気味だと、徐々に性感が妨げられ、精力の低下を招くことがあります。

包茎手術はまだするな!器具を使わずに自宅で簡単に包茎改善が出来る!誰にも知られることなく切らずに治す包茎克服法!

posted by 夫婦関係、職場の人間関係の悩みドットネット at 08:00| 包茎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。