2007年01月30日

包茎治療 徹底して麻酔研究で「無痛」を実現

徹底して麻酔研究で「無痛」を実現

「手術が痛い」なんて、思っていませんか?
包茎治療を考えるにあたり、誰もが心配することは「手術は痛い」という不安でしょう。その点、まったく心配ありません。

永年にわたり「無痛治療」について、国内はもとより海外の事例も研究し、最適の無痛麻酔法を追求してきました。その結果、開発されたのが上野クリニック独自の「無痛4段階麻酔法」です。
これは、基礎麻酔→深部冷却→極細針→背面ブロックの4つのステップで行う麻酔システムです。
おかげさまで、手術は、最も「痛くない」という高い評価をいただいております。

「局所麻酔」だから手術後、すぐに帰宅できます。
麻酔は、一般的には全身麻酔、静脈麻酔、局所麻酔に大別されます。全身麻酔や静脈麻酔は大きな手術で使われ、手術後、入院や休息が必要です。しかし「無痛4段階麻酔法」の場合、局所麻酔になります。ですから術後すぐに帰宅できる利点があります。

posted by 夫婦関係、職場の人間関係の悩みドットネット at 07:00| 包茎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。