2007年02月01日

包茎治療 表と裏で切開道具を使い分け

表と裏で切開道具を使い分け

ペニスの包皮は、内側が手のひら、外側が手の甲と似たような皮膚構造になっています。手のひらは血管や神経が集中し、出血しやすく痛みもありますが、傷跡は残りにくくなっています。反面、手の甲は血管や痛みは少ないのですが、傷跡が残りやすくなっています。徹底した「無傷」手術のために、ペニスの内側と外側で使用する切開道具を使い分けています。これはあるクリニックだけのこだわりです。さらに、「無傷」の仕上がりのために、縫合針にも気を使っています。当院では、美容形成用のもっとも細いものを使用し、縫合の跡すら残らないようにしています。

包茎手術じゃない選択。包茎矯正研究会


【復縁マニュアル】寄りを戻す復活愛!元カノと復縁する方法


posted by 夫婦関係、職場の人間関係の悩みドットネット at 06:00| 包茎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。