2007年02月02日

包茎治療 少ない出血量

少ない出血量

手作業による自然な仕上がりを重視するクリニックにとって、もう一つの課題は、出血量をいかに少なく抑えるかということです。

包皮の下には大切な血管が走っています。

これらの1本1本の血管を確認しながら、本当に切除しなければならない部分だけを選び出し、手作業で1本1本を止血しながら行う手術ですから、手術中の出血量はわずか2cc程度です。

しかも当院の場合、他院と異なり、手術後に出血することもありません。



ダーツの投げ方・上達動画DVD(ワンタン渡部紘士)
posted by 夫婦関係、職場の人間関係の悩みドットネット at 05:00| 包茎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。